親子をとりもつロケンロー
名古屋の元ロックバー店主(37)が新旧の類似したアルバムを 約2枚ほど取り上げて比較・紹介してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Pink Floyd" vs "The Beta Band"


そこにはブルースが聞こえるんです。

先日、僕の大大大好きなミュージシャンであるシド・バレットが亡くなりました。彼はもうすでに長いこと向こう側の人間でしたがホントに涅槃に行ってしまうと寂しいものです。彼の音楽に僕はとても助けられました。20そこそこだったころ僕はサイケデリックというものに興味を持ちました。とにかくなんだかbreak on through to the other sideしたかった僕はトリップの助けとなるサイケロックを聴いたのです。今思うと逃げたかったんだろうと思うのですが、サイケロックをとてもよく聴きました。
grateful dead
funkadelic
the soft machine
the pretty thingsなどなどなど。よくLSDなどでインナートリップ体験をしたなどと言う人がいます。僕はドラッグをやったことがないのでわかりませんが、サイケはインナーに向かってはいないと思います。まさに逃避。それこそ「ここではないどこか」へです。

ブルースのはなしはどうしたんだ、と。

pink floydが技巧系のking crimsonやyesといっしょにプログレとして語られることが多いですが、ちょっと違います(pink floydに限ったことではありませんが)。

ブルースが聞こえるんです。

pink floydというバンド名自体がふたりのブルーズメンの名前をひっつけたものだし、デイブ・ギルモアのギターもとてもブルージーです。そして今回紹介するアルバム"wish you were here"の中には名曲中の名曲"crazy diamond"が収録されています。これはファーストアルバムに参加しただけで脱退を余儀なくされたシドへの憧憬ソングです。彼は主にドラッグのせいで精神を病んでしまったのです。しかしそれ以前のシドは素晴らしいミュージシャンでした。最初から逆回転で録音することを前提にギターソロを弾きそしてテープをまわしてみると素晴らしいギターソロが!しかも一発録り。天才ですわ。詩の才能も非凡だし、人間的にもとても魅力的だったようです。会ったことがないのでわかりませんが。この辺のことは"the pink floyd & syd barrett story" dvdに詳しいです。

サイケのはなしに戻りますが、サイケは逃避ゆえに時折ピークを迎えます。その代表的なものがセカンド・サマー・オブ・ラブとよばれるムーブメントです。ゲイカルチャーから産まれたアシッド・ハウスは海を渡り、イギリスの片田舎をダンスダンスレボリューション状態におとしいれます。そこかららりぱっぱぁな音楽を奏でるバンドが現れました。happy mondaysやprimal screamがそうですね。
プライマルになるともう90年代です。湾岸戦争や不況の影響でしょうか。サイケな香りをぷんぷんさせたバンドが次々と現れます。
spacemen 3からspiritualized
tricky, portisheadやbomb the bass
phish
the flaming lipsなどでしょうか。戦争や不況の影響と書いたのはサイケ=逃避という考えがあるからです。目をそむける、という意味で。フラワームーブメントの背景にもベトナム戦争がありました。
そしてthe beta band。彼らはスコットランド出身なのですがなんだかアメリカくさいです。アコースティカルな面から重厚なリズム、そして、うた。

i will be alright be alright be alright

彼らの音は僕の脳みそを四方八方から揺らしまくります。ぐるぐるぐるぐる。そしてしばらくしたらまっすぐと前を向くのです。二歩下がって三歩進む。へい、ちーた、逆なんだよ!


今回出てきたアーティストの主なアルバム。
しかし、UKのバンドばっかりになっちまった。

psychedelic
funkadelic
screamadelica
そして僕のメールアドレスはfunkadelicathing◎yahoo.co.jp。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
CD聴いてます
昨夜は楽しいひとときありがとうございました。お借りしたCDさっそく聴いてます。またおじゃまします。
2006/08/25(金) 06:39:07 | URL | テンパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Live Over Europe 2007・Kingfish『Kingfish』・Grateful Dead/Live/Dead (1969)・iTunes 海外アーティスト[G]・X-LARGE S/S Tee 『CUBIX』エクストララージ S/STシャツ ...・LEAD ストラックス ジェットヘルメット SJX Lサイズ ガンメタ・GRATEFUL DEAD ?
2008/01/09(水) 00:30:51) | ロックの1日
Foundation Rock(初回限定盤)(DVD付)・Kingfish『Kingfish』・Grateful Dead/Live/Dead (1969)・iTunes 海外アーティスト[G]・ライブ観戦・X-LARGE S/S Tee 『CUBIX』エクストララージ S/STシャツ ...・リーズナブルな自走用車いすTK-10CB今なら杖のプレゼント付日進医
2008/01/09(水) 16:02:45) | ロックへの思い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。