親子をとりもつロケンロー
名古屋の元ロックバー店主(37)が新旧の類似したアルバムを 約2枚ほど取り上げて比較・紹介してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Slits vs Adrian Sherwood


とってもご無沙汰です。
文章を書くという能力を失っていました。まあ、これまでも月に2,3度の更新だったし、書けるときに書くことにします。

今回は10月終わりにthe slits and adrian sherwoodを観てきたので、ライブの感想などを交えながら音楽を紹介していきますね。

その前に、今までも相当いいかげんでしたが、以前にはお店にあったこのPCが自宅にやってきたので、資料がとても少ないのです。ネット上の情報などで補ってはいきますが、ネットの情報ってあまり信用してないので、どうなんでしょうね。僕みたいなのがいるからダメなんでしょう。

エゲレス70年代半ばから終わりのパンクムーブメントは音楽性としてはブルースに基づくものから始まっています。3コードのスタイル。いわゆるロックンロールですね。
しかし、スタイルというものを壊すって意味でパンクを捉えたとき、UKにダブを広めたadrianの態度はまさしくパンクそのものです。パンクを壊す、ということが逆にパンクな態度になっていくのですね。ギターポップもニュー・ウェイブも。もちろんノー・ウェイブも。
途中ですが、パンクを壊す態度、もしくは意識せずともパンク精神あふれるアルバムを羅列してみましょう。ここは僕の独断ですが。



the clashやthe policeがレゲエを取り入れて独自のパンクミュージックを奏でていましたが、ダブ的な音の処理をパンクバンドに施したthe slitsの1stアルバムは新しく、実験精神にあふれたものでした。the slitsの演奏自体は多くのパンクバンドにありがちなのですが、拙いです。ライブ観たときもひどかったですよー。ま、パンクは態度の問題なので、演奏力はあまり関係ありません。そこにダブ処理を加えていったadrianの仕事に拍手をおくるべきでしょう。この文章の一番下の「拍手を送る」もクリックしといてください。

あー、久しぶりで申し訳ないですが、面倒くさくなってきました。
なので、いろんなアルバムをいつものように羅列しておきます。まずはadrianのお仕事でまずこの二つ。



一枚目はadrianのお仕事集です。彼のOn-Uレーベルのコンピです。african headchargeも観に行ったなー。日本のaudio activeも彼のレーベルからリリースしてます。
二枚目は彼のプロジェクトとしてnew age steppersに次いでリリースしたユニットのアルバム。リリースで思い出しましたが、さっきまで「帰ってきた時効警察」をDVDで観ていて、りりぃが出ていて驚きました。

はい、話がそれました。あとはthe slits世代を中心にこの頃の空気感がビシビシ伝わるDVDを。



あとは今日書いた中に出てきたアルバムなんかを載せときます。クリック・アンド・バイ!



あ、ライブのこと全然書いてないや。
adrianのDJプレイが1時間くらいで、the slits登場。ピアニカなんかを入れる日本人の女の子と、キーボードの黒い女の子(美形)。それにおばさんドラマーが叩いてて、あとはオリジナルメンバーでした。噂ではドラマーはポール・シムノン(ex-the clash)の元カノらしいっす。これがすごく楽しいライブで、ボーカルのアリ・アップのエンターテイナーぶりには感服いたしました。あの長いドレッドが彼女の中のパンクを表しているのでしょう。
で、その演奏にadrianがダブ処理していくという形でライブは進行。その卓のわきにいた友人の話だと、そうとういじり倒していたらしいです。

なんだかんだで、結構書きましたねー。次回もよろしくお願いしますぅ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。