親子をとりもつロケンロー
名古屋の元ロックバー店主(37)が新旧の類似したアルバムを 約2枚ほど取り上げて比較・紹介してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロック離れは更に
ドラマ「ダンドリ」や「僕は妹に恋をする」でブレイク寸前の榮倉奈々ちゃん。うたが上手でおどろいた。

スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

「キラキラ!」vs 「バカ姉弟」


どんどんロック離れのすすむ当ブログですが、とうとうマンガにいっちゃいます。
安達哲センセのマンガをご紹介。この方、ロック好きらしく、作品内のあちこちにアルバムのジャケをもじったものだとか、セリフだとかが出てきます。ってことで、このブログで彼のマンガを紹介することをお許しください。

キラキラ!青春。実際、このマンガの登場人物たちは僕がこのマンガに触れたときに少し年上くらいの設定で(僕が中3、彼らが高1から高3)しかも、作中の彼らに「高校生にもなるとこんなこともあるのかなあ」「いや、あったらいいなあ」と思わせる憧れのようなものを抱きながら読んだものです。
優等生の主人公はつまらない、くだらない高校生活に飽き飽き。そして「芸能科」アイドルやスターの卵たちの通う高校へ転校します。そして美少女に一目ぼれ。しかし、彼女のことを知れば知るほど天使は堕天使へ、最終的には普通の女の子へと変化していきます。彼の中で。少年にありがちな女性を美化してしまい、それが理由で傷つき、そこから何かを知る、ってことがこのマンガには描かれています。
何度読み返しても胸キュンです。男子にはおすすめですが、女子はどうなんだろうなぁ。

そして、安達哲は「お天気お姉さん」や「桜の唄」などを発表しながら、現在ヤンマガにて「バカ姉弟」を不定期連載中です。
この「バカ姉弟」、笑いあり涙あり、素晴らしいです。
主人公の姉(地主おねい)と弟(弟)は保育園児ですが、天才的知能を持ち、大人を翻弄したり幸せにしたりします。少し漱石の「我輩」に似てますね。
なにやら世間ではいじめがどーたら言ってますが、こどもにはこどもの世界があって、それは意外と僕らおとなと呼ばれる人々が生きる世界と差がないと僕は思っています。こどもだってそれなりに考えてる。おとなはそれに干渉することなく彼らをそれとなく導いてやることが大切と思いますが、どうでしょう。
「バカ姉弟」を読んでいると、この姉弟の天才ぶりはデフォルメされていますが、そういったこどもなりの世界があるんだってことのメタファーとも取れると思います。
ま、そんなことよりこのマンガ、とってもキュートなのでお気軽にしあわせを味わえる作品ですよ。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

串田アキラ vs 冠二郎
くどいようですがJBについてです。
しかし、今回は日本のJBと呼べる人について。

まずはこの人。

串田アキラですねー。この曲でしか知らない人も多いと思いますが、「ふじー!サファリパーーークッ」の人ですね。

そしてこの人。

イヤー、素晴らしい。冠二郎です。僕は「I Like 演歌」って曲が大好きなんですが。

ふたりに共通するのは「ヤッ」とか「セイヤッ」などの掛け声が入るところですね。御大JBの「グッガッ」との共通点を見出せます。

僕はここに和田アキ子を足して「日本の三大ソウルシンガー」としています。
他にも「こいつJ-Soulじゃーん!」ってやつがいたらコメントくださいな。




ありました、ありました!「炎」という曲でした。

テーマ:James Brown - ジャンル:音楽

The J.B.s vs Iron Maiden
先日(Jan.6/ '07)club JBsにてプレイした曲をご紹介。
当日来ていて、あの曲はなんだった?って人がいたら下の赤い文字のところをクリックするとAmazonのリンクにとびますよー。(最後の曲だけTower.jp)

Doing It to Death / The J.B'.s
Running Free (Live) / Iron Maiden
Misirlou / Dick Dale & his Del-Tones
Day Tripper / Jimi Hendlix Experience
Buddy Holly / Weezer
Rocks Off / The Rolling Stones
Girls Got a Rhythm / AC/DC
Higher Ground / Red Hot Chill Peppers
Been Caught Steeling / Jane's Addiction
聖☆おじさん / 電気グルーブとかスチャダラパー
Over the City / TV Eyes
Not Anymore / The K.B.C.


曲順はかなりあやしいですが、こんな感じだったと思います。
またDJやる機会があったら遊びに来てくださいね。
イベントごとに選曲もだいぶ違うかもですが。よろしく!

来てくれた皆さんはありがとうございました。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。